パパ活アプリ

私の親は最低です。私にパパ活アプリを利用してパパを作り私達にお金を渡してといいます。この言葉にもう親子の縁を切るしかないと思いました。昔から酒ばかり飲んで、私のご飯は酒のつまみばかりでした。親らしいことはほとんどしてくれず、学校も中学まで行かせ高校は働けと言われいけませんでした。そして、中学卒業して仕事で稼いだお金は両親に渡してしまい、親のためより自分のためにパパ活アプリを利用して親子の縁を切ろうと思いました。

パパ活アプリを利用して半年後。ようやく私にパパが出来ました。その人は私の話をするとすぐにマンションを用意してくれました。そして私に住んでいいと言ってくれました。
パパ活を副業にする
他にも通信の高校に通わせてくれるお金まで用意してくれて、本当の親のような存在になっていました。しかし、唯一親だったらやらない身体の関係には何度かありますが、それでも本当に素敵なパパです。私は両親に「親子の縁を切ります。さようなら。」と、置き手紙だけ残して家を出て行きました。その後メールは何度かありましたが全部返信はしませんでした。

それからの私は通信の高校が無事に卒業出来ました。そして、水商売は辞めて普通のOLで働くようになりました。もちろんこれもパパのお陰です。パパの紹介という事もあって給料もよく、お金に困る生活がなくなりました。「パパ、今度私が稼いだお金で旅行に行こう。初めてのボーナスはパパに使いたいの。」「ありがとう。」私のパパ。大好きです。
パパ活
パパ活ブログ